TS-1 9クール目スタートとCTの結果

2週間に一度の血液検査と検診に合わせて、3か月に1回頭頸部から腹部にかけてのCT撮影を行っています。メインは肺に居座っている転移性肺がん。この子が暴れ出さないかチェックするわけです。

で、今回のCT撮影の結果、2cmの腫瘍が1mmほど大きくなっていました。とはいっても、CTって断層撮影っていって患部を輪切りにしていくのですが、撮影の度に微妙に輪切りにする場所がずれるので先生いはく、「誤差の範疇」とのこと。

んー、安心していいのかどうなのか微妙なトコロではありますね。先生のコメントとして

「万が一大きくなっていたとしても3か月で1mmとしたら1年で4mm、10年で4cm。体に影響が出るまで何年もかかります。それに現在はTS-1が効いている感じですし、これが効かなくなったら「パクリタキセル」という点滴タイプの薬も腺癌にはよくききますし、承認がおりれば「オブジーボ」っていう選択肢もあります。いずれにしろ選択肢はあとにいろいろありますし、それに肺は2つありますからね。」

いやいや、最後のコメントはいらんでしょwww

出ましたね「オブジーボ」(一般名:ニボルマブ)
これは先進医療に含まれる薬で、最近その効果が脚光をあびている薬です。詳しくは「免疫チェックポイント阻害薬」っていいます。
がん細胞が体の中にできるとキラーT細胞という免疫細胞が、がんを攻撃しますけど、がん細胞は攻撃されないように、免疫細胞から身をくらますPD-L1という物質を作り出すことができるんですね。オプジーボはそれを防いで、がん細胞を叩く免疫の本来の力を発揮させてくれる薬なんです。

ただ、問題があって、まず薬の値段が高いのと、キツイ副作用がでる可能性があるということ。
値段は保険適用になれば年間100万円いかないくらいだそうですが、問題は副作用。いろいろ問題のある薬です。まぁ、抗がん剤なんてどれをとっても劇薬ですからね。。。

とりあえず、血液検査の結果はいつもと変わらず、良くもなく悪くもなく。。肝臓数値もちょっと悪いところで安定しているのでTS-1の第9クール目スタートです。

退治しようとしたりしないから、お願いだから暴れないでおとなしくしててほしいですね。

▼1錠680円高いですねー。。。


2017年3月16日
TS-1 4錠

摂取サプリ:
乳酸菌生成物サプリ ビファイン 4カプセル
小林製薬「シイタゲンα」 1包
水素サプリ 4カプセル
EPAサプリ アスタミクロ 4カプセル

◆やっぱりブログでは書きにくいこともありますのでメルマガで本音で語ろうかなと。。。不定期で発信していきますので興味ある方は登録してくださいね。(もちろん無料)
がんと闘うと決めたメルマガ
お名前
メールアドレス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする