TS-1ティーエスワン

本日関西医科大学附属病院にて血液検査を行い、白血球等以上がありませんでしたのでいよいよ抗がん剤の処方となりました。提案された方法は2種類。
一つは点滴タイプの抗がん剤「シスプラチン」に症状によって独自のブレンドを施した抗がん剤。もうひとつは経口タイプの抗がん剤「TS-1」による治療
シスプラチンは基本的に2週間入院点滴し退院してインターバルをとるという方法。TS-1は自宅で治療し、2週間連続投与で血液検査し2週間インターバル。
点滴タイプの方が合えば効果が高いとのことでしたが経口タイプのTS-1での治療にしました。

現在体力もあって、けっこう元気なんですが、おそらく入院して抗がん剤を点滴するとみるみる痩せて体力も落ちると思います。ぶっちゃけ私自身、体から癌を撲滅させてやろうという気持ちは無くて、暴れないようになだめながら一緒に生きていく方がいいのかなという考えになっています。そういった意味でも副作用があまりきつくなく、日常生活を普通に送りながら治療のできるTS-1にしました。
実際どのような副作用がでるのか、唾液腺導管癌に効果がでるのか(出てもらわないと困りますが・・・)これからレポートしていきます。

attachment00
処方されたTS-1、モノがモノなので飲み方の詳しいレクチャーがあり、手引書やチェックリストもついてきました。2週間分で15000円程度のお金がかかります。

◆やっぱりブログでは書きにくいこともありますのでメルマガで本音で語ろうかなと。。。不定期で発信していきますので興味ある方は登録してくださいね。(もちろん無料)
がんと闘うと決めたメルマガ
お名前
メールアドレス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 帰り花 より:

    久々にお邪魔したら・・・
    今とてもドウヨウしてます
    そして日記を書いてくれて
    ありがとうございます
    明日は我が身だと思わざるをえません
    抗がん剤治療辛いと聞いてます
    効果があってガンヤロウを
    やっつけてくれることを祈ってます
    歳は取っててもこんな事しか言えなくて
    ごめんなさいね