肺転移癌CT撮影の所見

TS-1第9クールも折り返し地点。本日病院で血液検査と検診、それに先日のCT撮影の放射線科の正式な所見レポート内容をお聞きしてきました。

肝臓の数値は相変わらず。良くもなければそんなに悪くもありません。考えてみればキツイ薬で酷使されているにも関わらず、この数値で持ちこたえてくれてるのもありがたい話です。がんばれ!肝臓!

で、肺転移しているヤツの所見。
親玉がひとつで大きさは19mm、子分が2つでそれぞれ6mm

・・・ん?先日の担当医の先生の見立てから2mmも縮んでるやん。www

で、このサイズ、成長が超遅い(というか1年前の誕生時から変わっていません)ので先生から
「小悪性」のお墨付きをいただきました。

なんか、これでこの分身たちと本当に仲良く長く付き合っていける気がしてきました。ホントこのままおだやかにおとなしくしておいてほしいですね。

◆やっぱりブログでは書きにくいこともありますのでメルマガで本音で語ろうかなと。。。不定期で発信していきますので興味ある方は登録してくださいね。(もちろん無料)
がんと闘うと決めたメルマガ
お名前
メールアドレス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする