非常に高い効果がみこめる「光免疫療法」治験開始

数年前から次世代のがん治療法として話題になっていた、近赤外光と新たに開発した薬剤を使ってがんを治療する「光免疫療法」の治験が、日本の国立がん研究センター東病院で3月からスタートすることになりました。

アメリカで日本人が開発し、先行して2015年から治験が始まったこの治療法は、がんの表面にある成長因子のたんぱく質「EGFR」と新薬に含まれる抗体を結び付け、テレビのリモコンに使われている近赤外線をあてることによって化学反応を起こしがん細胞をピンポイントで攻撃するというものです。

アメリカで2015年に始まった治験では、再発した頭頸部がんの患者15人のうち、14人の腫瘍が縮小し、そのうち7人は完全に消失したそうです。残りの1人も進行が止まったそうで、効く、効かないとエビデンスのはっきりしない抗がん剤に比べると、、というか比べ物にならないくらいの成果をあげているようです。

この治療法の大きな特徴は副作用が少ないということで、抗体を体に注入しても光をあてなければ自然と体外に排出されるそうです。対象となるがんも幅広くなり、昨日テレビでの特集では、開発者が、この治療法が確立すれば「初期」とか「末期」とか関係なく、がんが見つかれば治療できると言ってました。今までのがんの治療法とは本当に次元が違うといってもいいかもしれません。

国立がん研究センターでは3月15日付けで光免疫治療の治験に関するお知らせが告知されました。
現在安全性と投与量を調べるフェーズ1ですが、次に規模を大きくした治験であるフェーズ2、フェーズ3が行われるでしょう(時期は未定)
全ての治験がうまくいけば3年もたてば光免疫治療を全国の病院で受けることができるかもしれません。価格的にもオプジーボよりはるかに安価で実現可能とのことですので、保険適用になれば数万円というレベルで治療を受けることができるでしょうね。

なんとか光免疫治療が一般的になるまで命をつないで生き延びたいですね。

国立がん研究センター

◆やっぱりブログでは書きにくいこともありますのでメルマガで本音で語ろうかなと。。。不定期で発信していきますので興味ある方は登録してくださいね。(もちろん無料)
がんと闘うと決めたメルマガ
お名前
メールアドレス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする