肺に水、心臓に水、そして失神

シスプラチンと5-FUの抗がん剤セットを4クールやったあと
今年に入ってしばらくしてから胸が苦しくなり何度かCTを受けました。もともと肺に転移しているので
がん性リンパ管症ということで肺がだんだんにごてきており、胸水も多少たまっているということでしたが、状況が急変したのが今月中旬以降になってからのこと。

家で胸が苦しくてせき込んでいたのですが、気が付くと目を見開いてベッドにあおむけになっていました。
そのときは自分になにが起こったのかまったくわかりませんでしたが、病院に症状を言うと緊急入院となりました。
そこでその症状の現状を知り血の気が引きました。

先生と正面向いて話している最中咳き込んだところまでは覚えていますが、次の瞬間、先生に大丈夫ですか!?とうでをつかまれ揺さぶられています、つまり咳き込んだ一瞬で気を失っていたのです。
原因は胸水ではなく、心臓とそれを包む膜の間にたまった水。

心臓にドレーンをぶっ刺して2L近い水(といってもほとんど血液)を抜くと気絶することも無くなりました。

で、ついでにということでこのまま経過観察で入院し、「オプジーボ」の投与がスタートします。
こんどは効いてほしいものですね。

◆やっぱりブログでは書きにくいこともありますのでメルマガで本音で語ろうかなと。。。不定期で発信していきますので興味ある方は登録してくださいね。(もちろん無料)
がんと闘うと決めたメルマガ
お名前
メールアドレス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする