放射線治療 24回目 ブースト開始

昨日で広範囲放射線照射23回が終了し、残り7回はブースト照射となります。
ブースト照射ってなんぞやってことですけど、要するにもともと腫瘍のあった場所を中心に照射範囲を狭めて数回放射線を当てることなんだそうな。
もともと放射線の回数に明確なエビデンスは存在しないものの、このブーストをやらないと再発のリスクが上がると提唱しているお医者さんもいるのでやっとくにこしたことはないといったところですね。

症状としてはいっときおさまっていた口の中の粘膜炎の痛みが3日ほど前から復活してきました。ものを飲み込むのが辛く、さらに唾液がどんどん出にくくなっており、夜中に喉の中がひっついて数回目が覚め、朝になると喉がカラカラで声がでません。
本日照射と同時に検診もあったので、先生にその旨伝えると、唾液を出す「サラジェン」という薬を処方されました。
しかし、毎度のことながら、この放射線科の先生は薬の処方を患者に決めさせます。薬の説明をした後「試してみますか?」とか「飲みますか?」って患者に聞くってどうなんでしょね。

◆やっぱりブログでは書きにくいこともありますのでメルマガで本音で語ろうかなと。。。不定期で発信していきますので興味ある方は登録してくださいね。(もちろん無料)
がんと闘うと決めたメルマガ
お名前
メールアドレス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする