抗がん剤点滴治療第1クール終了

10日ほど入院して、シスプラチン&フルオロウラシルの点滴治療第1クールが終了しました。
ずーっと左腕の静脈にロックされていた点滴のルートも抜針されました。

ほとんど自分の分身のような感じで持ち歩いていた点滴棒も回収され、超身軽。。

なのはいいのですが、まめにブログを更新するのさえ億劫になってしまう副作用が出てしまっています。
それは「口内炎」

これはフルオロウラシルを投与された40%ほどの人に出る副作用。
「口内炎」と聞くと、舌の横にポッチと白いくぼみが出来て、やたらしみるという程度の認識が一般的ですが
抗がん剤の口内炎はレベルが違う。。

その「痛い白いポッチ」が口の中全体にできます。どう?想像つきますか?まぁ、興味のある方はGoogleの画像検索すれば出てくるので見てください。想像を絶しますよ。

口の中だけならいいのですが、中途半端にのどの方にまでできてしまっているので食べ物を飲み込むことがちょっと難しい。。それ以前に味が付いたものや暖かいものを口に入れると激痛で飛び上がります。

「味覚障害」とか「口内炎」とかの治るまで日数がかかる副作用はなるべく出てほしくなかったんですけどね。。辛いですわ。

あと現在出てる副作用としては「耳鳴り」と「聴力障害」。左の耳が聞こえにくいです。なんか薄皮一枚隔てて音を聞いている感じ。

まぁ、とにもかくにも次の入院は10月10日からと決まっている訳で、それまでにこの副作用、なんとかおさまってほしいものです。。。

◆やっぱりブログでは書きにくいこともありますのでメルマガで本音で語ろうかなと。。。不定期で発信していきますので興味ある方は登録してくださいね。(もちろん無料)
がんと闘うと決めたメルマガ
お名前
メールアドレス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする