抗がん剤投与後の副作用

シスプラチンとフルオロウラシルの投与第一クールが終了し、病院を退院してからやっと1週間が経過しようとしています。

現在はっきりわかる副作用としては、唇と口の中、主に右側に発生している口内炎ですが、今朝になって急に痛みが少なくなってきました。

唇とか見ると潰瘍の度合いはさほど改善はしていませんが、明らかに痛みは少なくなっています。考えられるのは、3日前くらいからなめはじめた蜂蜜。
ちょうど会社用にサンプルでいただいたマヌカハニーがあったのでそれを1日ティースプーンで4.5回なめるようにしていました。

口内炎に蜂蜜がいいというのは有名な話です。そもそも口内炎がどんどん痛くなるのは口内最近が悪さをするからであって、殺菌力の高いマヌカハニーをひんぱんになめれば口内の環境が良くなって痛みも少なくなるというわけです。特に今回私がなめているのはマヌカハニーの中でもメディカルクオリティレベルといわれているMiSのもの。このマヌカハニーはモールとかのショップでまずみかけることはありません。かなり期待してたのですがマジで期待通りかもしれません。


同じくサンプルでいただいたマヌカハニーのリップクリーム。これは純粋にマヌカハニーとワセリンだけでできていて、保湿効果が素晴らしいです。夜中に唇が乾燥するとピキッとひび割れて出血し、枕が血に染まるのでそれを防ぐのにかなり重宝しています。

あとは、これまた対口内炎の定番、サンクロンです。熊笹の濃縮エキスなのですがこれを水で薄めてペットボトルに入れて持ち歩いています。何とも言えない味(はっきり言ってマズイ)なのですが、飲みなれるとなんかクセになる味です。

そして最後は水素サプリ。これまた口内炎にいいよということで友人から進められてばりばり食べてます。

まぁ、口内炎はほっといても治るといえば治るんですが、限られた休薬機関、すこしでも早く治しておいしいもの食べたいですからね。
第一クールで、どんな副作用がどんなタイミングでやってくるかだいたいわかりましたので、次からは万全の対策で望みたいと思います。

◆やっぱりブログでは書きにくいこともありますのでメルマガで本音で語ろうかなと。。。不定期で発信していきますので興味ある方は登録してくださいね。(もちろん無料)
がんと闘うと決めたメルマガ
お名前
メールアドレス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする