悪夢再び・・・

実際ここから先の記事は書こうかどうしようか迷ってました。
レアと言われ、超高悪性と言われる「唾液腺導管癌」。それを手術して1年間再発もせず、順調に生きて、ここまでなら見てくれた人に希望を与えることもできるだろうなと。。

しかし、現実は現実として書き留めることが、このレアな癌で同様に苦しむ人の「生き方」の道標になる可能性があると考え、闘病記として綴っていくことを決めました。

実は先日、手術から1年、造影剤入りのCT撮影をしたところ、肺への転移が発見されてしまいました。2cmほどのが1つ、数ミリのが2つの計3つ。原発巣はまわりのリンパごと手術できれいに取り去っていますので、これは手術以前に血液に乗って全身に飛んだものが定着したものだとのこと。つまり「全身癌」の状態であり、手術はできません。体全体の癌をたたくということで、ここからは抗がん剤メインの戦いとなってしまいます。

1年前放射線をやった時に実は抗がん剤の話も出てましたが、断りました。あれをやっていればひょっとすると転移は起こらなかったかもしれません。がこればっかりはわかりませんね。。

先生からは基本TS-1で、それにプラチナを組み合わせるかもとのことでした。

もちろんくたばる気はありません。免疫を上げるために乳酸菌や癌細胞を効果的にたたけるようにシイタケ菌糸体とか、水素サプリとか単純に医者に任せるのではなく考えられることは全部やっていきたいと思っています。
高額になりますが免疫療法も検討中。

免疫療法に関しては賛否両論ありますよね。よく物知り顔で免疫療法をブログで否定している人に一言いいたい。

「ならあんたが自信をもって末期の癌患者に言える治療法を教えろ」と。

医療関係者か、なんか知らないですけど、知ったかぶりの知識振り回して免疫療法は効果ないとか言ってるけど治った人もいるんですよ、思い込みでもなんでもいいじゃないですか、否定することしかできない外野は黙っておいてほしいですね。

とにかく、前回の手術時に覚悟はできてましたが、今回の告知で「生き方」ということについて考えるようになりました。意外なほど恐怖はありませんが、このまま終わりたくはありません。これからはじまる人生最大の「あがき」にお付き合いください。

◆やっぱりブログでは書きにくいこともありますのでメルマガで本音で語ろうかなと。。。不定期で発信していきますので興味ある方は登録してくださいね。(もちろん無料)
がんと闘うと決めたメルマガ
お名前
メールアドレス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする