がんの基礎知識

こんだけ大勢の人が「がん」になっていまや日本では2人に1人が「がん」になるとまで言われてるのに、私もそうでしたけど普通に暮らしてる人ってホントがんのこと知らないですよね。

いったい「がん」ってなんなのか?
せいぜい普通の人が持ってる知識だと、細胞がどんどん増えて際限なく増えて正常な臓器の働きを阻害してしまい最後には死んでしまう。。。ってところでしょうか?

がんの発生原因と種類

いろんな人がいろんながんにかかっていますが、その中で原因が特定できるものはほぼ無いといっていいでしょうね。

基本的には細胞分裂時に遺伝子に傷がつき、異常な細胞が発生、それが淘汰されずに増殖してしまう。これががん発生のプロセスですが、ではなぜ遺伝子に傷がついてしまったのか?なぜ免疫細胞の目をかいくぐって増殖をゆるしてしまったのか?その原因を特定することはほぼ不可能なんです。

よくタバコが肺がんの原因ってよくいいますよね。確かに喫煙によって肺がんのリスクは上がるかもしれませんが、ヘビースモーカーでも元気なお年寄りはたくさんいますし、逆に全く煙草を吸わない女性でも肺がんになってしまった方もいます。

そもそも普通に暮らしている人でも毎日がん細胞は発生していますし、原因として確定するなら、人が生きていることそのものががんの発生原因といってもいいでしょうね・・・運動や食事管理、免疫の向上などでがんになりにくいような体づくりをすることは可能だと思いますが、がんそのものを防ぐことは不可能なんですね。

がんは体のどこにでもできるので、がんの種類はこれまた山ほどありますが、できる場所によって大きくわけることはできますかね・・
まず肺がん、乳がん、胃がん、大腸がん、子宮がん、卵巣がん、頭頸部のがんなどの上皮細胞でできるがん。
次に白血病、悪性リンパ腫のように造血器に発生するがん。
筋肉や骨にできるがん
上皮内新生物と呼ばれるもの
という感じです。

癌、がん、ガン

「がん」っていろんな呼び方というか書き方されますよね。この違いわかります?
基本的な意味はほとんど同じなんですけどね、「がん」は悪性腫瘍全体を示すときで、上皮細胞でできるがんに限定するときは、漢字の「癌」を使うらしいです。
あんまし使い分ける意味ないとおもいますけどね。

がんはうつる?

うつりません。
がんってのは基本的に遺伝子異常による突然変異ですからね、ウィルス性疾患と違って人から人へ感染することはありません。

乳がんが肺に転移。これ肺がん?

私のパターンがこれです。これ知ってる人は少ないでしょうね。
乳がんが肺に転移したら、それは肺に転移した乳がんであって肺がんではありません。
私の場合、唾液腺導管がんが肺に転移していますので、これは肺転移した唾液腺導管がんであって肺がんではないんですね。

これによって厄介なことがひとつあります。「腫瘍マーカー」ってご存知ですか?血液検査だけで〇〇がんの可能性がありますってのがわかる検査方法なんですけど、この腫瘍マーカー、メジャーながんしか種類がないんですね。

腺がんに有効なマーカーがあることはありますが、主に大腸がん用です。唾液腺導管がんなんていうレアながんをピンポイントでみつける腫瘍マーカーなんて存在しないわけで、これが肺に飛んでたとしてもなかなか見つける手段はないんです。やれやれですね。。

がんは不治の病?

なんてことを今時言っている人はいません。
確かに昔はがんイコール不治の病だったわけですが、現在では、乗り越えた人もたくさんいますし、転移してしまった人でも私のように共存しがんと付き合いながら普通の生活を送っている人も大勢います。

医学の進歩はすさまじいですし、あと数年もすればがんは治る病気となるんじゃないでしょうか?今現在苦しみながら頑張っている人のために、ぜひそうなってほしいものですね。


6月14日
抗がん剤TS-1 4錠
摂取サプリ:
乳酸菌生成物サプリ ビファイン 5カプセル
小林製薬「シイタゲンα」 1包
オルニチンサプリ「しじみ習慣」2カプセル
水素サプリ 6カプセル

◆やっぱりブログでは書きにくいこともありますのでメルマガで本音で語ろうかなと。。。不定期で発信していきますので興味ある方は登録してくださいね。(もちろん無料)
がんと闘うと決めたメルマガ
お名前
メールアドレス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする