がんと保険、治療費

がんという大きな病気になって、知人から「どのくらいの治療費がかかった?」という質問をよく受けるので私の場合をご紹介します。

手術を受ける病気で、とくに「がん」の場合、入院代や手術費用が数百万かかると思われてかなり不安に思われる方が多いようですね。確かに私の場合もそうでした。がんが判明して、治療費にいったいいくらかかるのか全く見当もつかない状態でしたのでかなり不安だったのを覚えています。

まぁ、私の場合がんが判明する1年半前にガン保険に入っていましたのでかかったお金は返ってくるだろうなとは思っていましたが、それでもやはり不安でしたね。。

で、結果を先にいいますと、入院して検査、手術、退院するまでにかかった費用は約15万円でした。
「えっ?」っと思うほど安く済みました。これには理由があって、がんが判明してすぐに会社の保険(私の場合は電設工業健康保険組合)に申請して

「限度額適用認定証」

を取得したからなのです。

これは国民健康保険や社会保険に加入している人ならだれでも交付してもらうことができます。
国民健康保険なら自分が住んでいる市区町村の国民健康保険の窓口へ
組合健保ならその健康保険組合が窓口へ申請してください。1週間もかからずに交付してくれます。
この「限度額適用認定証」があるとひと月にかかる医療費に上限が設定され通常の3割負担に比べれば、支払う医療費はずっと少なくなるはずです。

で、退院後の放射線治療1回約6000円を30回
抗がん剤1クール4週間分が約2万7000円
定期的な検診、3か月に1回のCT撮影
等々はガン保険でおりたお金でまかなっています。

私の場合オリックス生命とアフラックのガン保険に入っていましたが、たとえばオリックスのビリーブというガン保険なら、がんと診断された時点で100万円、入院開始で50万円退院した時にもお金が出ますので余裕で退院後の治療費にあてることができます。

たとえがん保険に入っていなかったとしても、月の医療費が高額になった場合は高額医療費請求の申請を行って、自己負担額以上のかかったお金を変換してもらうことも可能です。

まぁ、つまりは国民健康保険なり、会社の社会保険なりにしっかり加入している人ならば、医療費でそんなに不安になる必要はないってことですね。


5月29日
摂取サプリ:
乳酸菌生成物サプリ ビファイン 4カプセル
小林製薬「シイタゲンα」 1包
オルニチンサプリ「しじみ習慣」2カプセル
水素サプリ 6カプセル

◆やっぱりブログでは書きにくいこともありますのでメルマガで本音で語ろうかなと。。。不定期で発信していきますので興味ある方は登録してくださいね。(もちろん無料)
がんと闘うと決めたメルマガ
お名前
メールアドレス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする